もしかしたら「うつ」かも|うつ病チェックをして対策する

相談

うつ病の診断内容

うつ病の診断をしてもらうには、医師が設ける診断基準に当てはまる必要があります。ここで事前に診断内容のチェックをして、実際の診断時にスムーズに話ができるようにしましょう。

Read More

婦人

うつ病と抑うつ気分

うつ病じゃないからと安心するのは早いかもしれません、なぜなら気分落ち込みが何回か続くと、本格的にうつ病に発展する可能性があるからです。ここで「抗うつ気分」と「うつ病」の違いをチェックして、自分なりに対策をするようにしましょう。

Read More

悩む人

うつ病症状の進行

うつ病の症状の進行段階には、ある程度決まったプロセスがあるので、ここでチェックをして自分に当てはまるかどうか確認しましょう。そうすることで、早期発見になり早期回復に繋がります。

Read More

花

うつ病の再発予防

うつ病は再発する可能性が高い病気です、そのため、ここでうつ病の再発に関する情報をチェックし、うつ病を再発しないように工夫をしましょう。再発のサインや兆候に素早く気が付くことも大切です。

Read More

看護師

身近な人がうつ病に

身近な人がうつ病になると、どう接したらよいのか悩んでしまいますよね。そんなときに、このサイトをチェックすると、言ってはいけない言葉などを知れ、うつ病患者への接し方を把握することができます。

Read More

うつになりやすい人の特徴

看護師

厚生労働省の調査によると、日本でうつ病になっている人は約100万人いるとされています。では、いったいどんな性格の持ち主がうつ病になりやすいのでしょうか。自分の性格が当てはまるかチェックしてみましょう。うつになりやすいひとは、真面目、責任感がある、人の道を外れようとしない性格が多いです。周囲から見れば優等生で常識人、良い性格をしています。仕事においては、責任感があるので最後まで真面目にやり遂げ、周囲からも信頼されるタイプです。しかしこの性格のため、責任を1人で抱えたり、自分を犠牲にしてもやり遂げようと頑張り過ぎ、結果としてストレスを貯め込んでしまいます。人のせいにできず、自分の責任としてとらえるので、リーダーに抜擢されることも多いですが、精神的負担が大きくなり、さらにストレスが溜まります。また、感情を表に出すことできず、周囲に合わせてしまうので、自分の思っている意見や感情を素直に出すことはしません。荒波を立てるタイプでもないので、周囲からは「付き合いやすくて良い人」と思われます。相手に合わせると確かに物事はスムーズに進みますが、相手からは意見を言わない感情を表に出さない人、と捉えられることもあります。感情を表に出すことで、会話が盛り上がることもあるので、適度に意見や感情を出すようにしましょう。最後にうつ病になりやすい人は、自意識過剰で妄想被害が強い人です。思い当たることがないかチェックしてみましょう。いつも誰かに見られているような気がする、と思う人は要注意です。実際はほとんどの人があなたを見ていなくて、気にしていることもありません。女性の場合は、ある程度誰かに見られている意識は必要で、それが美しくなろうと思うきっかけで、美容促進になるからです。自分が気にしているのは、ほとんどの場合は思い込みで、自意識過剰だから、自分で自分を落ち込ませてしまう良くないサイクルを生み出してしまいます。「誰かに見られてる」と思ってしまうと、ずっと体が緊張し、気を抜くことも出来ず、心身ともに疲れててしまうので、なるべくリラックスするようにしましょう。

Go to Top