もしかしたら「うつ」かも|うつ病チェックをして対策する

うつ病と抑うつ気分

婦人

うつ病と言ってパッと思いつく症状は、気分が落ち込む、やる気がしない、というのが代表的で、この症状は誰もが経験する物ではないでしょうか。ほとんどの人は、自分なりのストレス発散を行ない2、3日すると気分が切り替わります。しかし、うつ病になると2週間以上気分の落ち込みが続いて、自分なりのストレス発散を行なっても回復することがありません。そこで、「抑うつ気分」「うつ病」の違いをしっかりチェックして、少しでも当てはまる場合は医師に相談をするようにしましょう。まず、「抑うつ気分」ですが、これは症状や状態を表している言葉です。例えば、「憂うつになる」「気分が沈む」「気持ちが落ち込む」「むなしい気持ちになる」「理由もなく悲しくなる」「涙が出てくる」このような気分のことを「抑うつ気分」といいます。うつ病に比べると、症状は軽いので、友達といるときは楽しく過ごすことができるので、日常生活にも大きな影響はありません。持続性も短く長期にわたって続くことはないので、比較的安心できます。しかし、「抑うつ気分」を何度も繰り返している、前は簡単に回復したのにだんだん、落ち込む期間が長くなっているという方は、本格的に「うつ病」になる可能性があります。そのため、「抑うつ気分」の時点で、ストレス発散の方法や、自分なりの気分をリフレッシュさせる方法を何パターンか作っておくようにしましょう。一方「うつ病」は「抑うつ気分」よりも症状が重く、医師による治療が必要になります。精神的にも身体的にも様々な症状が出てきて、状態によっては長期間治療することになります。一度うつ病になってしまうと、自力で完治させるのは難しいので、専門家にうつかどうかチェックをさせて、協力をしてもらうことが大切です。風邪の様に時間の経過とともに治るものではなく、うつ病は、時間が経過してそのまま放置をすると、どんどん症状が重くなっていく恐ろしい病気です。1人で悩まずに周囲に相談をしたり、インターネットのうつ病のセルフチェックでうつ病かどうか調べたり、勇気を出して専門家の元へ行くなどの行動を起こし、なるべく早めに自分に合った病院をチェックして、治療を開始しましょう。

Go to Top