もしかしたら「うつ」かも|うつ病チェックをして対策する

身近な人がうつ病に

看護師

もし、自分のパートナーや家族がうつ病になってしまったら、どうしたらよいのか悩んでしまいますよね。ここでは、身近な人がうつ病になったときの関わり方や言葉がけを、お教えするのでチェックをして役立てて下さい。まず、うつ病の人に対して絶対やってはいけないのが「励まし」です。うつ病の人は、これまでにも限界に達するぐらい「頑張って」います。それなのに、周囲の人が「頑張れ」と言うと、うつ病患者は「自分には頑張りが足りないのか」とネガティブに捉えてしまいます。家族間や身近な人との関係によくある「感情的な言葉」ですが、これも言わないように注意が必要なので、しっかりチェックをしておきましょう。うつ病患者は、自分がうつ病になりたくて、なったわけではありません。はたから見ると、だらだら怠けているように見えることがありますが、これは病気のせいだと理解するのが大切です。うつ病患者がゆっくり休息をとっている姿を見て、「だらだらしないで!」や「何でできないの!」や「前はできていたじゃない!」という言葉を言わないようにしましょう。また、軽い言葉を無責任に言わないようにしましょう。例えば「いつまでも悩んでないで早く治してよ」や「あなたより可哀想な人は世の中にはたくさんいる」などが挙げられます。うつ病になると、相手の言葉を極度にネガティブに受け取ってしまうので、あなたの無責任な一言が、最悪の事態を招くかもしれません。さらにうつ病患者は、このようなことを言われると、「自分のことを何もわからないくせに」「誰も私の気持ちなんて理解できない」と、余計に塞ぎ込んでしまうので、細心の注意が必要です。家族にうつ病の症状があり、受診させたいのに本人が拒否するというケースもよくあります。そんな場合は、とりあえず患者さんのご家族が相談に行くことも可能です。最近の心療内科では患者さんがいなくても、家族から見る症状のチェックをして、役立つアドバイスをくれます。そうすることで、うつ病患者を抱える家族の悩みも解消される上に、どう接したらよいのか具体的な方法を教えてくれます。まずは近場の病院をチェックして探してみましょう。

Go to Top