もしかしたら「うつ」かも|うつ病チェックをして対策する

うつ病の再発予防

花

うつ病が完治したら今度は、うつ病を再発させないように対策をする必要があります。うつ病は再発する可能性が非常に高い厄介な病気なので、ここでは、うつ病を防ぐ方法などをチェックしていきましょう。再発をする期間は人によって異なりますが、完治してから5年経って再発する人もいれば、10年後に再発する人もいます。特に注意が必要なのは、完治してから3カ月以内で、この期間に再発する可能性が最も高いと言われています。うつ病の再発は、初回のうつ病の症状と比べると重くなる傾向があります。そのため、万が一再発してしまったら、前回よりは治療に時間がかかると思っていた方が良いでしょう。一番良いのは、再発させない工夫や努力が何よりも重要になります。うつ病の再発を予防するには、まず、再発のサインを見逃さないことです。少しでもうつ病の症状が現れたら、その症状を自分でチェックするなどをして、メモに書き留めておきましょう。そして、迷わず病院へ行って医師に症状をチェックしてもらい、適切な診断をしてもらいましょう。このときに仕事や学校に行ってても、事情を正直に話して相談をし、再発の防止に最善を尽くしてください。さらに、処方されている薬があれば継続して飲むようにしましょう。中には薬を飲むのに抵抗を持つ人もいますが、それは副作用が大きく強調されているからです。実際には薬に助けられている人は多くいるので、医師から処方された薬は、症状が良くなってきてもきちんと最後まで飲みきるようにしましょう。また、再発を防ぐもう一つの方法として、ライフスタイルを見直すことも良い方法です。そうすることで、前回うつ病を発症した環境から離れることができるので、再発を大きく防ぐことができます。うつ病はそもそも、悩みの種がなくなれば、再発を防ぐことができます。悩みの種がある間は、ずっと悩んでしまうので、日頃から楽しいことに目を向け、自分の好きな本やランチをチェックして気晴らしに行くのもおすすめです。そうしながら、ゆっくり自分のペースで根本的な改善を目指していきましょう。

Go to Top